名古屋の新築マンション事情について

8月 31st, 2015

マンション、一戸建てなど不動産の購入は人生のうちでも限られた回数しかありません。ほとんどの人は数十年という長いローンを組んで購入をすることになるので、その決断はとても大きいものになりますね。

初めての購入というケースも多いですから、わからない事もたくさんあります。例えばローンの種類一つとっても変動金利、固定金利、固定金利選択型など3種類もあり、どれを選ぶかによって最終的な支払金額が大きく変わってしまう事もあります。

このように、知っておかないと損するであろう事もたくさんあるので、不動産会社選びはとても重要です。例えば名古屋周辺で新築マンションなどの物件を探しているのならどの会社が良いでしょうか。

名古屋の新築マンションはまるみのすまいに任せるのが良いでしょう。

名古屋周辺に特化して不動産を販売している事もあり、掘り出し物の物件が沢山あること、マンションだけでなく一戸建て向けの土地の購入からローンなどのサポートまで手厚いサービスをしてくれるのもおすすめの理由の一つです。

新築マンションから分譲住宅、注文住宅にリフォーム、リノベーションなど取り扱うものも幅広く、実例を挙げて紹介しているので購入後の生活のイメージもしやすいのではないかと思います。

住みやすい家にするためのリフォーム

12月 14th, 2013

マンションを購入してからしばらく経つと、リフォームが必要になります。また、中古のマンションを購入する場合でも、そのまま住むのではなくリフォームして自分たちが住みやすくしてから住む人も多いでしょう。

リフォームは自分たちが住みやすくするために行うものですから、きちんと計画を立てて進めていかなくてはなりません。自分たちが希望することが実現できない場合もあります。それには元々のマンションの構造などもありますから、一戸建てよりもリフォームにおいて制限されてしまうところは多いのではないでしょうか。

しかし、リフォームも成功をすればより住みやすく快適な家作りができますし、何より生活スタイルに合わせてリフォームをしなおすということは、長く住み続けるためには非常に大切なことですから、慎重にリフォーム業者を選び、自分たちが納得のいく形で進めていきましょう。

特に費用面では業者によって色々な額を提示されると思いますので、どこの業者にしようか迷うでしょう。実際にリフォームをお願いするならば、本当に自分たちの希望するリフォームがその値段で可能なのか、そしてその値段が妥当なのか…いくつか業者を比べてマンションのリフォームを考えてもいいと思います。

海外暮らしも不動産投資も、マレーシアがおすすめです。

1月 28th, 2013

http://www.foreland-realty.com/将来は海外に住みたい、あるいは海外不動産で投資をしてみたい。どちらの方にもおすすめなのがマレーシアです。マレーシアは数々の外国の中で、日本人に特に人気があります。というのも、マレーシアは東南アジアの中で生活水準が高く、しかし物価は日本の約3分の1ですから、ちょっと贅沢な暮らしを楽しむことができるのです。また、親日家が多く日本語の通じる病院も多く、治安が良く穏やかな国民性で居心地が良いという特徴もあります。常夏の国なので、リゾートにも最適です。

マレーシアで不動産を購入するなら「フォーランドリアルティネットワーク」で物件を探してみてはいかがでしょうか。フォーランドリアルティネットワークは、高品質な居住・投資用不動産を格安でご紹介しています。首都・クアラルンプール周辺やペナン島など、日本人に人気の地域で多数の物件を取り揃えているので、移住にも投資にも最適な物件が見つかります。

マレーシアの不動産ならフォーランドリアルティネットワーク⇒http://www.foreland-realty.com/

フォーランドリアルティネットワークでは、コンサルティングや現地見学の手配、現地最新情報のご提供などを行っております。現地見学の際は運転手付専用車をご用意し、日本語の話せるスタッフが同行しますので安心です。現地グルメ店での昼食もお楽しみいただけます。ローンや手続きなど、物件購入に関するサポートも充実していますので、お気軽にご相談ください。

海外移住や不動産投資におすすめのマレーシア。フォーランドリアルティネットワークで、マレーシアの素敵な物件をお探しください。

東南アジアに続く注目の海外不動産投資先とは

1月 13th, 2013

現在海外不動産の投資家に注目を集めている地域といえば、東南アジアが有名ですね。発展途上国という事もあり、今後の価値の上昇が見込めるだけでなく、安定して経済成長を続けている事や税金の面でも有利になる国が多いという事で人気のエリアになっています。

その一方で、今新しい地域が注目されているのをご存知ですか?それがアメリカ合衆国です。リーマンショックやサブプライムローンなどのマイナスイメージも強いアメリカが今なぜ注目を集めているのでしょうか?

サブプライム問題などで、不況に陥っていたアメリカですがその問題もここ数年で落ち着いてきており、差し押さえの物件はほぼなくなりつつあります。景気対策の効果が出てきたことやシェールガスなどの新しい資源のバブルもあって、景気が好転しつつあるのです。

そして、持ち家を失った人が賃貸物件を求めるようになったことで、需要がどんどん伸びてきており、アメリカの賃貸物件の空室状況は日本の半分にも満たない水準までになっているそうです。

それを利用して、海外の不動産投資家たちは賃貸物件を中心にアメリカの不動産に投資を進めているのです。経済発展が見込めハイリターンが見込める一方で、それなりのリスクもある東南アジアに対して、経済が成熟しきっていて安定した投資が可能なアメリカ、どちらも見逃せない投資先なので今後の動向にも注目ですね。